スピロテロール40mcg(クレンブテロール)

 

 

 

リオサイトメル25mcg(リオチロニンナトリウム)

 

 

 

 

 

スピロテロール概説【クレンブテロール】

スピロテロールは、スピロペント錠の有効成分で、β2刺激薬と比べて、心臓を刺激する、されるという錠剤タイプの特徴があります。日本でも紹介されていますが、筋肉を分解する酵素の分泌を助け、筋肉増強効果とともに体脂肪燃焼効果もありますが、市販薬もあります。スピロテロールは、筋肉の分解を抑えるとともに、筋肉を増強したり収縮させる効果もあります。第3世代のβ2受容体を活性化することで、咳や息苦しさを解消します。スピロテロールは、気管支拡張剤としては珍しく、日本では尿漏れの治療薬として承認されている有効成分であるほか、体温を上昇させ、代謝を向上させ、効率的に脂肪を分解する作用があります。

スピロテロール(クレンブテロール)は、呼吸器系疾患や尿失禁の治療薬である「スピロペント」のジェネリック医薬品です。また、主成分であるクレンブテロールが気管支喘息の治療に使用されていることも、スピロテロールが人気の要因となっています。筋トレやダイエットに適しています。気管支を拡張する働きがあり、喘息の症状を和らげる成分で、喘息や発作の改善に使用すれば安全とされており、喘息治療薬ではなく、睾丸機能低下などの即効性のある喘息治療薬です。

減量目的だけでも十分な効果があり、減量時の異化作用により、瞬発力アップなどのパフォーマンス向上が期待できる)の2つの効果があるとされています。日本での人気の理由は、多くのボディビルダーに愛用されているからです。また、スピロテロール(spirotelol)は、アドレナリンのβ刺激薬に分類されていた喘息、肺気腫、腹圧性尿失禁の改善にも使用されています。

スピロテロールの有効成分であるクレンブテロールは、腓腹筋の筋力増強剤と重ねて使われることが多い。β2受容体に作用して喘息、気管支炎、腹圧性尿失禁などを予防するスピロペントのジェネリック医薬品を中心に製造しています。本剤はスピロペントよりも安価で、ほぼ同等の効果が期待できる。これにより、脂肪だけでなく筋肉も失われるカタボリック現象が起こります。また、気管支を拡張し、喘息発作や尿失禁などの副作用の可能性があります。

本剤は、同じく気管支炎、気管支喘息、COPD(肺気腫)、尿失禁などの治療薬として開発されたスピロペント錠と同じ、クレンブテロール塩酸塩を主成分とする気管支拡張剤です。非ステロイド系薬剤である。スピロテロールを使用しても異化作用が起こりにくいため、ステロイド特有の副作用がありません。気管支喘息の患者さんに処方され、気管を広げてスムーズな呼吸に導きます。

主に先発薬の一つであるスピロペントのジェネリックを製造している。スピロペントの主な効果が期待できます。筋肉量の維持とダイエットを同時に行うことで、精巣上体脂肪体量の減少が見られたという。また、膀胱に存在するβ2受容体刺激剤です。脂肪燃焼効果があり、第3世代と言われています。