アイピル(アフターピル)

 

 

 

ポスティノール(ノルレボ)2錠入り

 

 

 

 

 

アイピル概説【通販クスリロイヤル】

I-pill(アイピル)に含まれ、性交後の避妊に使用できるアフターピルは、日本で投与されている女性ホルモン剤「ノルレボ錠」(あすか製薬、武田薬品工業)のジェネリック医薬品です。アイピルは、ヤッペ法とは異なり、副作用が少なくなってきていることから、翌朝服用する緊急避妊効果が強く、実用的です。

I-pillは、月経時に一時的にホルモンバランスを崩すことで、受精卵の子宮への着床を防ぐことができます。I-pillはPiramalHealthcare社が算出しています。人気の理由の一つは、ジェネリック医薬品であるため、価格が手頃であることです。受精卵が着床するのを防ぎ、受精卵が子宮内膜で成長するのを促すもので、無理したり慌てたりせずに早く服用すればするほど、成功率は約10%になります。彼氏とのデートや旅行中の女性には必需品になります。

排卵前期の場合は、排卵を防ぎ、月経をコントロールすることができます。日本では、インドのシプラ社が開発します。I-pillの有効成分であるレボノルゲストレルは、WHOでは実施されておらず、病院で処方される方法です。I-pillは、通常の低用量避妊薬であるノルレボのジェネリック医薬品で、緊急避妊用のピルやアフターピルとしてはかなり一般的なものです。緊急避妊を可能にする。アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルは、女性のホルモンバランスが変化したときに服用することが推奨されています。なるべく早く、24時間以内に投与する必要があります。

価格はノルレボ錠と同程度で、妊娠防止率は約81%です。妊娠を避けることは、妊娠した精子が受精しない妊娠の予防において、避妊薬ほど安全ではありませんでした。今回の試験結果を受けて、妊娠阻止率は低下すると考えられます。アイピルによる避妊の成功率は、従来から行われてきました。その後、副作用を軽減するために黄体ホルモンと同じ現象を起こして望まない妊娠を防ぐものは、必ずしも喜ばしいものではありません。その結果、63人中62人が緊急避妊薬を飲む機会があるので、いつでも使えてコンドームを使う緊急避妊は95%の避妊効果を示すことができます。

購入できるアフターピル、モーニングアフターピル、緊急避妊薬の中で最もポピュラーなのは、アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルで、妊娠を防ぐことができ、その日だけ服用することになりますが、多くの場面で消失性出血と呼ばれます。産婦人科でノルレボ錠よりも安く購入することができます。

効果の発現と同時に排卵の遅延や抑制を利用する緊急避妊薬とは異なり、事後に服用する女性にとっては、使用してからどれだけ早く服用できるかが重要です。また、アイピルの使用期限は、事前に予測された中用量ピルと言われています。それがアイピルには配合されています。アイピルでは、無防備な性交や避妊を怠ってはいけません。用法・用量を守り、緊急時の薬として有名な緊急避妊ピル(アフターピル)のみを処方されます。