アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アジー概説【クスリロイヤル 通販】

アジー(Azee)はCipla社が製造・販売しており、淋病の場合は1回2000mgを食後に服用し、男性の場合は尿道の痒みや体のだるさなど様々な症状に効果があります。副作用の発生率が低い抗菌性物質で、ジスロマックおよびそのジェネリック医薬品であるアジーは、胃酸でほとんど失活せず、感染部位への優れた効果が期待できるため、症状が治まった後も1回の服用を1週間続けることが推奨されており、医師の指示に基づいて状況に応じた適切な量を服用することが求められています。

アジーの有効成分であるアジスロマイシンは、インドに本社を置く製薬会社シプラ社が開発・製造・販売しており、多くの人がその製品に高い信頼を寄せています。マクロライド系に分類されるジスロマックと同等の治療に必要な幅広い抗菌スペクトル(抗菌作用)を示し、急性感染症、尿道炎や膣炎、細菌の二次感染、予防のための多くの性感染症など、さまざまな細菌に対して作用します。

インドのムンバイに本社を置くCipla社が製造しています。アジスロマイシンは体内に長く留まることができ、病変部位に服用した抗生物質は、マイコプラズマのほか、クラミジアや淋病などの性感染症、歯周病85.9%、副鼻腔炎、マイコプラズマ肺炎、尿道炎や歯周病、副鼻腔炎100.0%、マイコプラズマ肺炎などの治療に用いることができます。様々な感染症に加えて、膀胱炎の病原菌にも抗菌作用を発揮します。アジは、性感染症の症状である多くの病原体に作用しますが、クラミジア治療を完遂します。

病院でも処方されている「ジスロマック」のジェネリック医薬品で、同等の治療ができるのでおすすめです。ペニシリンなどのβラクタム系薬剤が適応とならないマイコプラズマやクラミジアに対して強い抗菌力を持っていれば、性感染症だけでなくクラミジアの治療も可能です。アジは、体内のさまざまな細菌に効果があります。マクロライド系に分類され、肺炎球菌、淋菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラリス、インフルエンザ菌、レジオネラ・ニューモフィラ、ペプトストレプトコッカス、マイコプラズマなどに効果があります。

最大投与量は3日間で500mg錠なので、アジーも同様に優れた薬物移行性を持ち、細菌の増殖を抑制します。その結果、おりものの増加、異臭、かゆみのほか、抗炎症作用が弱くなることがあり、症状を改善することで機能を阻害し、病原菌にタンパク質を合成させることが良いとされています。