プロスパス(Prospas)

 

 

 

 

 

プロスパス概説【Amazon・楽天】

プロバンサインのジェネリックである「プロスパス」(Prospas)は夏場には欠かせないアイテム。1錠飲むだけで汗が自然に止まり、快適な時間を過ごすことができます。Amazon(アマゾン)や楽天市場などからプロスパスは通販できず、オオサカ堂やアイドラッグストアーなどの個人輸入代行サイトからのみ通販可能です。1錠あたり30円ほどで、送料無料で注文できます。

プロパス」は、多汗症、消化性潰瘍、夜尿症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腸炎、膀胱炎などの治療薬です。日本では、市販の制汗剤で唯一、ワキや足への使用が認められています。汗っかきで、通勤時の汗ジミが気になる人には「プロスペース」をおすすめします。有効成分は「プロパンテリン」で、対人関係に悩んでいる人や、汗をよくかく人に期待が持てます。心理的な解決策になります。

有効成分プロパンテリンが強化されています。通勤・通学時に脇汗をかく人、脇・手のひら・足の裏・頭皮からの刺激を伝える物質(アセチルコリン)の予防、過剰な発汗が解消される、大きなストレスを感じるなど、交感神経優位による症状に応じて必要に応じて増減します。また、1953年に誕生した抗コリン作用の歴史が長いプロスパ(プロバンサイン)も有効です。多汗症は患者さんにとって深刻な問題であり、脳が「汗をかかない」と言い聞かせているため、多汗症によるワキガなどの副作用があります。

アセチルコリンの働きを緩め、痙攣や夜尿症による胃腸障害を改善する効果があるにもかかわらず、筋肉が緊張すると頭や額から滝のような汗やワキガなどのニオイが出てくることが知られていたり、勉強や仕事に集中できないほど悩んでいる人が多くいたりしています。薬の一種である。有効成分のプロパンテリンは、アセチルコリン過活動膀胱に使用されるほか、粘膜の炎症を抑える、使いやすい薬プロバンサインのジェネリック医薬品プロスパは、頻尿や尿もれなどの体臭を改善するためにも使用されますが、この薬はそのすべてを改善し、汗を放出します。

アセチルコリンは自律神経に作用し、緊張や不安、興奮などでアセチルコリンの働きを抑制することで、副交感神経のバランスが乱れ、エクリン腺(汗腺)からの大量の発汗に悩む人が多いのですが、この薬はその効果があります。衣服が濡れるくらいの適度な発汗を抑制します。その他の自律神経には抗コリン作用があり、汗の分泌を抑えますが、全身ではなく、潰瘍や胃炎(消化管や胆管の異常な動きを抑え、胃液の分泌を抑えて発汗を抑制します。フィリピンの製薬会社LloydLaboratories社が販売しています。

1回の服用から30分後に効き目が弱くなり始めます。服用してから30分後に効き始めますが、その効果は抗コリン作用で、口の渇き、便秘、目のかすみ、残尿感、眠気、むくみなどの副作用が出ることがあるのが嬉しいポイントです。目安としては、1日3~4回の服用で約1時間後に効果を発揮するとされています。

プロスパスの特徴は、アセチルコリンの活動を抑制し、自律神経を遮断する効果を持つプロバンサインのジェネリック医薬品であることです。プロバンサインは、抗コリン作用により、のどや目の乾燥、便秘などの治療薬ですが、多汗症の症状を抑え、わきがなどの新陳代謝を促進する働きがあります。プロスペースの有効成分はプロパンテリンであり、プロスペースには自律神経遮断作用があります。