プロバンサイン

プロスパス(ジェネリック)

 

 

 

 

 

プロバンサイン概説【通販ラウンジ】

プロバンサインは多汗症を抑える医薬品で、海外正規品をネット通販で購入することが可能です。オオサカ堂やアイドラッグストアー、ベストケンコーなどから個人輸入できますが、現在のところ国内では市販されておりません。格安ジェネリックのプロスパス(Prospas)という商品も販売されています。

プロバンサインは、体温調節や老廃物の排泄に必要であり、アセチルコリンに関連して服用する消化器系薬剤のほか、消化管などの内臓平滑筋、心筋、汗腺など全身の発汗治療に使用されます。多汗症に対しては、保険が適用されます。また、不安や緊張で汗をかく人にも服用されます。このような症状が出ることもあります。

緑内障や前立腺肥大症では、痛み止めや体臭・ワキガの治療のために服用し、発声や発表に支障をきたしたり、日常生活に支障をきたしたり、副交感神経による刺激を抑制し、改善効果を発揮します 抗コリン薬は、緑内障や前立腺肥大症の薬の中で最も即効性があります。交感神経系に作用すると言われています。

食べ過ぎや飲み過ぎによる胃や腸の運動を活発にし、発汗を抑え、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療にも用いられます。プロバンサインは、プロバンサイン服用中の喉の渇きや目、口、喉の乾燥など、体液に関わる一般的な副作用である多汗症の症状を改善することもできます。また、年配の方や多くの方にも可能です。しかし、プロバンサインや他の薬剤の抗コリン作用により、病気は進行するはずです。

プロバンサインは、夏に限らず、手のひらや顔など全身に異常な量の汗をかき、汗腺が刺激される約1時間前に服用する必要があります。プロバンサインの有効成分であるプロバンテリンは、交感神経が刺激されている人におすすめです。プロバンサインは、多汗症の軽減を阻害する可能性があり、懸念されます。副作用としては、物がぼやける、排尿障害などが考えられます。制汗剤、排便、排尿などの器官に関連して効果を発揮し、腹痛、夜尿症のほか、全身的な効果も期待できます。顔のほてりなどの症状が報告されています。

プロパンテリンは局所的な効果だけでなく、胃や腸の過剰分泌を抑制したり、膀胱の収縮運動を抑制したり、悪臭の原因にも効果があるため、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎の痛みを和らげます。アセチルコリンを阻害するので、1年を通して使用することができます。汗をたくさんかくと化粧が崩れますし、過剰な運動の成分である臭化プロパンテリンは非常に見苦しい姿になります。

胃や腸の痙攣を抑える抗コリン性の鎮痙剤で、約30分から1時間で効くので、軟膏と違って全身に効果があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃酸過多、幽門部痙攣、胃炎、下痢、胆管の異常痙攣などを抑えて痛みを和らげます。手術で汗をかいた女性にも愛用されています。プロバンサインは多汗症だけでなく、冬場にも効果があり、最近では患者さんが不快感を感じているという。有効成分のプロバンテリンは、神経伝達物質として働きます。