バスピン10mg(バスパー・ジェネリック)

 

 

 

 

 

バスピン概説【通販ソリューション】

ブスピロンの有効成分は脳内で作用して集中力を維持し、抗不安薬として、ブスピロンはレンドルミン・デパスの代替品として、うつ病や不眠症の治療にも使われています。症状としては、ブスピロンは依存性や持続性が高いため服用できませんが、従来の抗不安薬、睡眠薬、精神安定剤として使用されており、日本ではインタスファーマ社が開発したタンドスピロンを成分とするブスパールなどが販売されていました。

不安に対する治療効果の現れ方は様々です。主に不安障害に対して、バスパーは、めまい、強い眠気、倦怠感、動悸、息切れ、めまい、ふらつき、集中できないなどの症状に対して、デパスの代替品として使用され、また、改善のために1錠で使用する人も多く、抗うつ剤にも含まれています。バスピン効果」としての使用は増えていないため、症状を観察しながら服用することができると報告されています。ヴァスパーのジェネリック医薬品であり、服用することで徐々に効果を発揮します。

不安な気持ちを抑えるだけでなく、うつ病や不安障害にも治療効果があるお薬です。不安や疲労感、倦怠感、頭痛などの症状が現れると落ち着かなくなるなど、多くの活動や出来事によって生じる過剰な不安や心配をコントロールできない人に処方されることがあります。ブスピロンは、精神疾患で感情をコントロールできなくなるデパスに続いて、ハルシオン、アモバン、マイスリー(ゾルピデム)、アモバン(アモバン)に代わる安全な薬として、日本でもすでに注目されている抗不安成分です。

有効成分ブスピロンは、根本的な不安障害であるうつ病や睡眠障害の治療に用いられます。セロトニンの量を増やし、安定させる働きがあります。また、デパス、エバミル、ロラメット、リスミー、ロヒプノール、サイレース、ベンザリン、ネルボン、ユーロダイン、ドラール、ベノディール、ダルメット、ソメリン、ベルソムラなどの抗うつ薬や抗不安薬によって引き起こされていた様々な症状の治療にも有効です。

神経伝達物質であるアドレナリンやドーパミンを増強する一方で、不安や抗うつ作用に関連する受容体を活性化するノルアドレナリンやドーパミンを抑制することで、気分を高揚させ、女性の性欲を高めるとされています。パニック障害、うつ病、不眠症などの代表的な疾患の一つです。全般性不安障害は、日常生活の中で理由のない不安を感じることが少なくなったときに服用することで改善されます。