ザイザル5mg

クレブロス(ザイザル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ザイザル概説【通販くすりロイヤル】

ジェネリックのクレブロス5mgは、ザイザルの有効成分であるレボセチリジン塩酸塩を含んでおり、世界90カ国以上で承認されています。ヒスタミンは受容体に結合するため、ドラッグストアなどで症状が出てから服用しても承認されており、花粉症や蕁麻疹などのアレルギー症状に効果を発揮します。

有効成分のレボセチリジンは、ジルテックの有効成分としても作用し、「レボセチリジンは1~2時間で効果を発揮する」ことが確認されており、さまざまなアレルギー症状を引き起こす伝達物質であるヒスタミンやH1受容体に強く結合することができます。 製造・販売元はChiesiFarmaceutici社(Chiesi Pharma社)です。

ヒスタミンは、脳内のH1受容体を遮断することで、第一世代の抗ヒスタミン剤として効果を発揮すると言われている抗アレルギー剤です。日本では、セチリジンから高活性成分が分離されているため、即効性があり、速効性があります。ジルテックのような眠気を誘う効果をもたらします。花粉症の症状を抑制します。抗ヒスタミン剤と比較して設計されています。くしゃみや鼻水が止まらないとき、肥満細胞から放出されるヒスタミン(ヒスタミンなどの様々な化学伝達物質)によって引き起こされるアレルギーを抑制します。

アレルギーの原因となる物質による刺激によるアレルギー症状を強力に抑える一方で、副作用を可能な限りバランスよく、効果が持続する間は強力に抑えることに成功したアレルギー疾患治療薬です。また、さらなる効果も期待できます。ザイザルは、免疫系の誤作動を抑える働きがあるため、花粉症の症状はもちろん、喘息予防、蕁麻疹、皮膚炎、痒み、皮膚炎などにも強い効果を発揮します。ポイントは、アレルギー反応はヒスタミン反応を抑制することで引き起こされるということです。

ザイザルは第二世代の抗ヒスタミン薬ですが、有効成分の組成は同じで、もともと人気のあった花粉やハウスダストに対する第二世代の抗ヒスタミン薬とも呼ばれていますが、眠くなる作用を弱め、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹などの副作用も少なくしています。強い花粉症やダニ、ハウスダストなどによる通年性のアレルギー性鼻炎の治療薬として、世界中で幅広い年齢層に使用されています。しかし、その効果は十分に発揮されています。

ヒスタミンは体内への吸収率が低いため、服用開始時には車の運転などを控えた方が賢明かもしれません。脳内の神経伝達物質を大量に放出する第2世代のこの薬は、脳に伝わりにくく、眠気が現れやすいのですが、効果の発現を抑える効果は強いのですが、ハウスダストなどのアレルギー反応があります。ザイザルは、体内に存在するH1受容体に結合しないため、眠気などの季節性アレルギー性鼻炎のくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの良い面を強化します。