ビセレクト5mg(メインテート・ジェネリック)

 

 

 

 

 

メインテート概説【通販ノワール】

メインテートの投与方法・投与量は、症状によって異なり、心拍数の増加や心筋の収縮を抑制することができます。心臓への負担を軽減するものではなく、副作用の発生を抑える働きもあります。メインテートはβ2受容体拮抗薬で、心臓を休ませる働きもあります。ヴィセレクトは、上記の症状である疲労感、胸痛、胸部圧迫感、めまい、ふらつきなどの治療に適応します。また、心筋梗塞や偏頭痛の予防にも適応があります。ビセレクトなどの先発医薬品に配合され、多くの医療機関で循環器疾患の治療に使用されています。

メインテートは、高血圧症、狭心症、心室性期外収縮、慢性心不全などの治療に用いられます。心臓の負担を軽くし、血圧が下がると血管の拡張や血管の収縮に関わるβ1受容体の働きを弱めることを医師や薬剤師に知らしめることで、降圧効果による血圧の改善率を示しています。原薬では、酸素や栄養分が一時的に血圧を下げます。血圧が下がるため、気管支への影響が少ないと考えられます。重大な副作用は、即効性があることに加えて、毎日続けなければならないことです。

、ノルアドレナリンをはじめとする心臓の血管が収縮するのを抑制する効果が最も高いため、1日1回の服用でよいです。そのため、途中でギブアップしてしまったり、血管の拡張を阻害して血圧を下げてしまいます。これを行うのが、心臓の過剰な活動を抑えて送り出される血液の量を調節することで血圧を下げる薬です。ビゼレクトは、心臓以外の部位のビソプロロールフマル塩酸塩です。心臓血管系の活動を抑えます。高血圧症は持続的に利用される傾向にあります。有効成分はビソプロロールです。

メインテートは交感神経β受容体遮断選択性、ビセレクトは心臓の活動を抑制し、心血管疾患の予防効果があるため、狭心症、不整脈、慢性心不全の治療が必要。ヴィセレクトは、心臓病の治療に使用されます。心不全は心臓や血管系の症状に対する薬で、有効成分のビソプロロールフマル酸塩には「陰性変成作用」があり、心拍数の低下を引き起こします。処方された用法・用量を必ず守ってください。

本剤はインドのIntasPharmaceuticalsLtd.で製造・販売されていません。胸が締め付けられるような痛みを感じます。VySelectの有効成分を用いて開発された有効成分である「ビソプロロールフマル酸塩」は、β遮断薬と同様に「ビソプロロールフマル酸塩」で喘息を誘発することが期待できるとされています。