ツゲイン15(ミノキシジル15%)

ツゲイン5(ミノキシジル5%)

ツゲイン2(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ツゲイン概説【クスリロイヤル 通販】

ツゲイン(Tugain)はインドのシプラ社が販売するミノキシジル発毛剤です。シプラ社は「フィンペシア」で有名なインド有数の大手メーカーです。ベストケンコーやくすりエクスプレスなどからツゲインは個人輸入でき、リアップの半額以下で販売されています。ロゲインやカークランドなど他の海外製品よりも評価の高いミノキシジル発毛剤です。

ミノキシジルの作用による動脈の拡散で、頭皮内の血流が改善され、毛根に栄養が供給されます。毛根に栄養が送られると、毛乳頭では毛母細胞の成長に必要なタンパク質の生成が活性化されます。同時に、毛母細胞にATPが届けられ、細胞が活性化され、髪の成長が促進されるのです。臨床試験では、ミノキシジルを5%投与し、4週間後に軽度の発毛状態が確認されました。24週間(6ヶ月)後には、90%以上の患者さんに発毛の再確認が見られました。

ツゲイン5%と同じ太くて細いミノキシジルを配合した製品としては、日本で流通している大正製薬の「リアップX5ゲイン」が有名です。大正製薬の臨床試験では、180日の使用で90%以上の男性の髪の毛がない状態が改善されたと報告されていることに加えて、育毛剤の開発コストの高さが窺えます。

ツゲイン10%は、有効成分としてミノキシジル10%を配合した薄毛治療薬です。頭皮に直接塗布することで、有効成分ミノキシジルが頭皮や毛根細胞の血流を改善し、太くて強い髪を生み出します。ツゲインの有効成分であるミノキシジルは、頭皮の血管を膨張させて血流を増加させます。ミノキシジルは、毛髪の成長サイクルに問題があって抜け落ちた髪の毛の毛母細胞を活性化させ、正常な毛髪の成長サイクルを誘導します。

ツゲインの有効成分であるミノキシジルは、頭皮の血管を強化します。ミノキシジルが毛穴から浸透すると、KATP(血管平滑筋ATP感受性Kチャネル)というイオンが血管の細胞内になんらかの形で入り込む経路ができると言われています。すると、ATP(アデノシン三リン酸)というものが動脈の筋肉を弛緩させ、血管が促進されるのです。

ツゲインは、発毛・育毛・脱毛(脱毛症)の抑制に使用されるリアップ(海外ではロゲイン)のジェネリック医薬品です。頭皮に塗布またはスプレーすることで、髪の成長を強め、肥満気味の人でも抜けにくくします。通信販売や個人輸入でしか購入できないロゲインのジェネリック医薬品で、インドの大手製薬会社であるCipla社が製造・販売しています。

ツゲインには、女性に有用な2%、標準レベルの5%、市販のリアップのカテゴリーより高濃度の10%の3種類があります。生え際やM字ハゲを改善したい場合は、最も高濃度のツゲイン10%が推奨されています。

ツゲイン2%は効果が弱く、刺激も少ないです。髪の毛が少ない方や抜け毛が気になる方で、初めてツゲインを使用する方に適しています。また、効能を抑えてパックしたツゲイン2%は、女性の髪の毛の少なさ(FAGA)の治療にも使用できます。女性は男性よりもデリケートなので、2%以上の濃度のミノキシジルは使用しないでください。