ロゲイン(ミノキシジル5%)

女性用ロゲイン(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ロゲイン概説【通販ソーシング】

ロゲイン(Rogaine)は20年以上にわたって売れ続けている発毛剤です。有効成分ミノキシジルが配合され、男性だけでなく女性の薄毛にも有効です。リアップなど国内のミノキシジル育毛剤の半額ほどで通販できるため、オオサカ堂などの個人輸入代行サイトから取り寄せることで経済的に育毛することが可能です。

ロゲインの有効成分であるミノキシジルには、血管拡張作用があり、頭皮の毛細血管を拡張・共鳴させることで、酸素や栄養素を頭皮に伝播させ、より高い育毛効果を発揮します。

マクニール社が1988年に発売した世界初の発毛剤であるロゲインは、25年ほど経過した現在でも世界中で人気の商品です。頭皮にすり込むだけなので、ミノキシジルを初めて使う方にも使いやすい発毛剤となっています。髪の毛を製造する毛母細胞に血液を通じて栄養分を供給することで、頭皮の血行状態を改善し、発毛・育毛効果が期待できます。

ロゲインに含まれるミノキシジルとフィナステリド(プロペシアの主成分)は、別の角度からAGA治療を行うため、お互いの力を邪魔しないように連携しています。プロペシアなどの主成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼII型の関与を阻害することで、男性ホルモンによって露出した抜け毛をブロックできると考えられています。なお、フィナステリドが効かない重度のAGA治療には、デュタステリド(ザガーロの主成分)が有効です。

ミノキシジルには血管拡張作用があり、頭皮に塗布する過程で毛細血管を伸ばすことができます。AGA治療に関してガイドラインを発表している日本皮膚科学学会では、ロゲイン(ミノキシジル)は低発毛治療に非常に大きな効果があると認めています。

ロゲインは、ミノキシジルを5%配合した男性用の外用薬です。髪の毛の少ない気になる部分に簡単に塗布・揉み込み、頭皮の毛細血管が開いた後に発毛が活性化されます。日本では、大正製薬株式会社が、この成分ミノキシジルを配合したAGA治療薬を「リアップ」の商品名で販売しています。

ロゲインは、AGAによる抜け毛・薄毛にお悩みの方のための育毛剤です。有効成分であるミノキシジルは、毛髪の微小血管を引き伸ばし、頭皮に酸素や栄養が行き渡るようにすることで、大きな発毛効果を発揮します。ただし、円形脱毛症による抜け毛を抑える効果は期待できません。あくまでAGA(男性型脱毛症)や壮年性脱毛症への有効性が認められているだけで、万能の発毛剤ではありません。

アルコール濃度の高い育毛剤を使い続けると、頭皮の善玉菌を殺してしまい、頭皮に炎症が蓄積されてしまいます。ロゲインは低アルコール製品ですので、デリケートな皮膚の方でもお使いいただけます。

ロゲインを使用すると、脱毛サイクルが開くために一時的に抜け毛(初期脱毛)が発生することがありますが、4ヶ月以上継続して使用することで、発毛の効果を実感していただけます。男性用には5%のミノキシジル、女性用には2%のミノキシジルが配合されています。