トール20mg(ルプラック・ジェネリック)

ダイトール10mg(ルプラック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

トラセミド概説【通販ビーナス】

ラシックス(有効成分フロセミド)の個人輸入が禁止となり、注目されているのがトラセミドという利尿剤です。フロセミドと同じループ利尿剤で、類似した効果を得られることからトラセミドに切り替える人が多いです。「トール」や「ダイトール」という商品で販売されいて、現在輸入できる利尿剤の中では圧倒的に人気があります。ラシックスの代わりを探している人はまずトラセミドをお試しください。

トラセミドは、腎臓に働きかけて尿量を増やし、体内で使われなかった水分や塩分を排出する排尿薬です。尿量を増やすことで、心臓、肝臓、腎臓などの様々な要因で起こるむくみを解消します。服用中に体調不良(特に脱力感、筋肉痛)を感じた場合は、必ず医師や専門家などのに早めにご相談してください。

ループ利尿薬の中でも、トラセミドはアルドステロン受容体拮抗薬であるため、アルドステロンの作用が抑えられ、カリウムの排出が疎かになり、低カリウム血症の副作用が起こりにくいとされています。また、脂質代謝サイクルや耐糖能への魅せ方が少ないとされ、脂質異常症(高脂血症、高コレステロール血症)や糖尿病の治療薬との同時使用がしやすくなっています。

トラセミドは強力な収益改善薬ですが、他のループ利尿薬に比べて低カリウム血症になりにくいという特徴があります。まれではありますが、低カリウム血症、高カリウム血症、血中血清尿酸値の上昇、血小板の失速、黄疸などの重篤な症状が報告されています。

尿量を増加させ、体に不要な水気を生じさせる効果があります。似たような効果を持つ同種の薬よりも強力な利尿作用があり、全身の浮腫の成長に効果があります。トールの利尿作用は、服用後ほぼ6~8時間持続します。重大な副作用としては、めまい、立ちくらみ、頻尿などがあります。めまいやふらつきは、血圧が急激に低下することで起こる症状ですが、心配することはありません。

かつて利尿剤といえばラシックスが有名でしたが、個人輸入の取り締まりにより現在は入手できません。トールはラシックスと同じループ利尿薬で、優れたバリエーションを持っています。電解質の仕上がり(カリウム)の放出を抑えるという特殊な効果があるため、ラシックスよりも安全な利尿剤と言えます。また、血流やリンパの流れを良くしてスリムな体型に導くことから、ラシックスの「約5倍」の効力を持つことで人気商品となっています。

トールは、インドの著名な製薬会社で加工された高品質の薬剤で、摂取することで強力な優位性のある尿を得ることができます。5mgと20mgの錠剤があり、20mgの方が人気となっています。血液中のカリウムの枯渇を起こさず、低カリウム血症を起こしにくいのが特徴です。体質的にむくみやすい方や、腎機能が弱ってむくみやすい方に有効です。